前のページへもどる

富山県のインテリアコーディネータークラブTOYAMA のブログ

「平成27年度 北陸新人研修会」 ICCトヤマ スタッフブログ 2015年 国内研修旅行 『倉敷・直島 アートを堪能する旅』 報告①

インテリアフェスティバル2015

2015年12月 8日
CIMG1321.JPGCIMG1310.JPGCIMG1330.JPGCIMG1340.JPGCIMG1356.JPGCIMG1346.JPG_______________________________________

インテリアフェスティバル2015(7/8)


中部地区の会員があつまるということで、富山のインテリアコーディネーターは『ものづくり』の発信地として、写真や地図でアピール。来場者は概ね好感触。また、この1年間の定例会についてもパネルで展示した。


その後、日本のインテリアトレンドを牽引する立場である、下田結花さんの講演がはじまる。2003年よりモダンリビング(ML)の編集長をされている下田さんは、艶やかな朱のリネンをまとっての登場。

まず、現在の世界のインテリアの流れから。
①ゆったり、ラグジュアリー②インサイドアウトサイド(室内と屋外の境界を越えた家具)③みせる収納④ライフスタイルまで踏みこむインテリアの提案⑤可動式のソファ⑥オブジェとしての照明器具・・・・・パワーポイントで次々と2015のトレンドをうつしだす下田さんは、次のように言葉をそえる。『世界のコレクションを実際に大量にみること、継続してそれを続けることがトレンドを感じるために必要』と。

また、これからの日本の住宅とインテリアについてのキーワードとしては
①green②luxuary③lustic(リノベーション)④mixstyle(空間の声を聞くことを意識する)であると。そして、MLが果たす役割として『本を見て夢を膨らませる。実生活に取り入れるために、誌面で見た家具や小物を手に入れられるよう販路を確保する』とのこと。

『インテリアはあなたの人生の一部なのです』というピエロリッソーニ(伊デザイナー)の言葉で下田さんは講演をしめくくった。会場にいる新旧のインテリアコーディネーターは、皆一様に大きく拍手をおくった。

数人の来賓の御挨拶のあと、ビュッフェスタイルでの会食。普段よりも豪華な料理に多くの会員が和やかに食事をすすめた。











コメントする

「平成27年度 北陸新人研修会」 ICCトヤマ スタッフブログ 2015年 国内研修旅行 『倉敷・直島 アートを堪能する旅』 報告①